TREKKLING

TREKKLING
サイクリングで奥多摩、青梅を満喫しよう!

2018年4月5日木曜日

営業日のお知らせ( Notice of business day )

下の自転車の空き状況をクリックして営業日カレンダーをご参照ください。ご質問のあるお客様はお問い合わせください。


クリック→ 自転車の空き状況営業日カレンダー(Notice of business day)

クリック→ WEB予約はこちらから 

クリック→ イベントのお知らせ

NEWS→ジェッター、ディヴァージュ、一般レンタル開始!
NEWS→超上級者向けコース「風張峠コース」

         お問い合わせ→→→ホームページのWEB予約、または→→→info@trekkling.jp
 (当日のお問い合わせ、または当日のご来店の場合はレンタルが出来ない場合がございます)
         ご予約ご質問はwebから、
         または0428-74-9091/080-1024-4617まで(営業時間09:00~17:00)
                                自転車の返却可能場所に注意してください

~奥多摩で働いてみませんか~

トレックリングでは、自転車や山、自然、街づくりに興味のあるスタッフを随時募集しております。
例えば、午前中勤務して、午後は奥多摩や青梅を散策という働き方もできます。
または、午前中勤務して午後は奥多摩のカフェや飲食店スタッフに変身ということも・・・!
もちろん1日でも。(交通費全額支給)
お気軽にお問い合わせください!!
お問い合わせ電場番号 → 080-1024-4617

奥多摩湖の桜も見頃を迎えています。(18年4月5日撮影)

奥多摩湖も桜が咲きました。(18年4月5日撮影)
こんにちはトレックリングです。いよいよ奥多摩湖の桜も見頃を迎えました。例年より1週間は早い見頃ですね。奥多摩駅付近より標高が200m高いので「奥多摩駅周辺の桜が少し散り始めたかな〜」と思うタイミングで「奥多摩湖の桜はボチボチ満開かなぁ〜」といった感じです。
しかし今年の桜の開花は早かったですね。 「寒すぎ休眠打破」からの「暖か過ぎ開花」
猛スピードで季節が進んでいる感じがします。青梅は新緑真っ盛りで奥多摩むかし道ですら新緑が始まっています。(18年4月5日時点)


ちなみに新緑が美しく感じる期間も結構短いので今の時期からの奥多摩、青梅サイクリングは実はとても楽しめます。人によっては紅葉よりも新緑のほうが好き、という方もいるぐらいですからね。


年によっては紅葉の当たり年みたいなものがありますが、桜も似たような事があります。
気象条件による当たりハズレではなく、この時期、鳥が桜の芽をついばみ過ぎてイマイチパッとしない桜になることがあります。

数年前の奥多摩湖の桜もそうでした。奥多摩湖畔にある「水と緑のふれあい館」の方が仰っていました。そんなこともあるのですね〜。

今週から来週にかけては奥多摩湖の桜は見頃で花見が楽しめそうです。山桜や新緑も同時に楽しめそうなので是非春の奥多摩に訪れてみてくださいね。






にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青梅情報へ にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2018年3月8日木曜日

桜咲く青梅 花いっぱいの新コースを電動アシストでいく!ガイド付 4/7土曜日 4/8日曜日 開催




【桜咲く青梅 花いっぱいの新コースを電動アシストでいく!ガイド付】 2018年 4/7土曜日 4/8日曜日 開催


青梅ブロッサムサイクリングコースは、TREKKLINGが名付けた
青梅駅をスタート地点とした、12~15キロ程のサイクリングコースです。
ブロッサム(blossom)とは・・・花、開花という意味です。

まもなく自然いっぱい青梅の様々なお花が色づきはじめる、プレミアムな時期がきます。特に、今回ツアー中特別に通過できる1キロの桜並木は、地元の方にもプレミアム感満載です。

また桜やお花だけでなく、のどかな田園風景、歴史ある寺社巡り、地元ガイドならではの裏道、小道走行等と盛り沢山!車の通行が頻繁にある道路は極力使用しませんのでご安心ください。(8~9割は裏道やマイナー道路です)

桜の見頃に合わせた、トレックリングのイベントとっておきのコースを是非お楽しみください。お弁当は忘れずにご持参ください。途中のお花見スポットで昼食となります。

【このサイクリングで出会えるお花一例】
桜、枝垂桜、スミレ、オオイヌフグリ、タンポポ、西洋菜の花、スズランスイセン、レンギョウ、桃、ツツジ、等


 サイクリング男子も女子も・・・
 カメラ女子も男子も・・・
 ご期待くださいね~♪





【募集要項】

日時・料金
①2018年4月7日(土曜日)10:30~14:30頃
②2018年4月8日(日曜日)10:30~14:30頃
※申込期限4月1日(月曜日)
①、②両日定員10名まで(先着順)
最少催行人数・2名

集合場所 
JR青梅線 青梅駅改札出口 10:30時に集合
料金¥4,000(電動アシスト自転車レンタル代、ガイド代、イベント保険代)
(料金は当日現地でのお支払いになります。)

※注意1
キャンセル料について
当日は100%頂戴しております
前日は50%頂戴しております
3日前は30%頂戴しております
(メールにてお振込方法をご連絡いたします)

 ※注意2
雨天時はイベントを中止いたします。イベント当日の降水確率が高い場合、または明らかな悪天候が予想される場合は、前日の17時までに中止のご連絡をいたします。
イベント最小催行人数に達しない場合は、4月2日(火曜日)までにメールまたはお電話にてご連絡差し上げます。

※注意3
山間部である青梅の天気は変わりやすいです。
天気予報などで晴れと表示されていても雨になることもあります。もちろん逆に雨予報でも降らない事があります。この奥多摩特有の気候変化のため当日のイベン ト開始時間の天気の状態までサイクリングをするかしないかはギリギリまで決められないのが正直な話です。
このため余程の悪天候が予想されない限りはイベント中止にはなりませんがいずれにせよ多少汚れても構わないアウトドアで遊ぶ服装や雨具対策をしてお越しいただければと思います。予めご了承ください。

※注意4
朝食は事前に済ましておいてください。

※注意5
前例より、桜の見頃をねらって開催しますが、
桜の満開時期をお約束するわけではございません。
何卒ご理解をお願い申し上げます。 

参加条件
・20歳から60歳ぐらいまで
・1人で自転車に乗れる方(心臓病や発作症状等をおもちで無い方)
・トレックリングが提供するヘルメット着用していただける方
上記の注意1、2、3、4、5にご納得された方
※電動アシスト自転車を利用します。乗車経験が無い方に操作説明もあります

体力レベル・・・自転車に乗車できる方なら、どなたでも問題無いコースレベルです。

使用電動アシスト自転車一例(タイヤが小さく取り扱いが楽なタイプ)






持ち物
お弁当と飲み物(青梅駅横に、セブンイレブンとオリジン弁当があります)
動きやすい服装 ・急な雨に対応するためナイロンジャケットやレインコートが一枚あると便利です。簡易的なカッパでも構いません。
両手が空くカバン(リュックなど)
トレッキングシューズや運動靴やスニーカー(汚れてもいい靴)
できれば手袋・転んだ時の怪我防止になります
ちょっとした着替え・サイクリングをした後に着替えたいという方
近隣にコインシャワー施設(サイクルハーバー青梅)、2つ隣の河辺駅に温泉「梅の湯」有

お申し込み方法
info@trekkling.jp 宛まで
 件名「桜咲く青梅 花いっぱいの新コースを電動アシストでいく!4/7土曜日」
または「桜咲く青梅 花いっぱいの新コースを電動アシストでいく!4/8日曜日」
と記入し
①お名前
②フリガナ
③生年月日
④ご住所
⑤電話番号
⑥身長
 をご記入ください
 (イベント保険加入のため上記の項目が必要になります)
  (※1)保険内容は以下となります
     国内旅行傷害保険
    〈傷害〉
     ・死亡・後遺障害     280万円
     ・入院日額      4,500円
     ・通院日額      3,000円
     ・賠償責任      6,000万円
      全て免責金額(自己負担額)は無しです。


イベントタイムスケジュール 
10:30 青梅駅に集合
10:50 出発
12:00 お弁当タイム
14:30 青梅駅ゴール(解散)


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青梅情報へ にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2018年1月24日水曜日

青梅の街にも雪が降る!(18年1月22日〜23日)

こんにちはトレックリングです。
1月22日、予報通り関東でも大雪となりましたね。東京では4年ぶりとなる大雪警報が発令され交通機関にも影響を及ぼしました。

長文です。写真は下の方に。

思えば2,014年の大雪の際は40年ぶりの大雪と報道され、更にその1週間後に100年ぶりとも言われるような超大雪がありました。奥多摩等では雪で完全に道路が塞がれてしまった地域があり陸の孤島状態。自衛隊が出動するほどでした。


今回も大雪と報道され4年前の大雪が脳裏をよぎりました。しかし蓋を明けてみればまあまあの大雪笑、いや東京で20cmを観測したら上にもあげたように交通機関を乱すほどのものなので大変は大変なのですが、なんでしょう?経験値でしょうか?「あの頃と比べれば・・・。」という感じがしなくもないです笑


また街で雪かきする人もどこか手慣れた様子で淡々とキビキビと「はいはい、雪かきね」といった感じでした。4年前に購入した大きなスコップをここぞとばかりに活躍させていますね笑


ところで私達の活動エリアでもある青梅はとても自然に溢れた場所です。グーグルマップを航空写真モードで見てみると青梅エリアは絶妙に山が配置され東京でありながら美しい山並みが楽しめます。


一般的に東京の山は低山との認識がありますが最高標高2017mの雲取山から丘陵地帯の標高200m前後とかなり標高差の幅は広く、なんだか低山と一括りにするのもどうかなといった感じです。


さて青梅には青梅駅があり、また直ぐ近くに青梅丘陵という丘陵地帯があります。標高は200前後から500mに満たないぐらいです。青梅のハイキングコースとしても知られています。

標高200mとはいえ十分に見晴らしが良いポイントもあり、地元にこんな景色が楽しめる場所があるなんて、なんてラッキーなんだろうと思うほどです。どんな景色かとういと宮崎アニメの「耳をすませば」にちょこちょこ出てくる高台から見えるような景色です。伝わりますでしょうか笑


私は以前より、もし雪が降った場合、この見晴らしの良い景色はどのように姿を変えるのかとても興味がありました。そして今回の雪は青梅の街と山の景観を変えるには十分すぎるほどで、しかも翌日は晴天の予報なので、これはチャンス到来とばかりにこの目に焼き付けようと写真撮影も兼ねて行ってきました。


早朝5時に青梅駅に到着し、まだ暗いハイキング道をヘッドランプを付けて歩きました。少し歩くと新雪の雪道に足跡が・・・。しかしこれは動物の足跡ですね。青梅ともなると丘陵地帯に結構動物がいます笑。しかし新雪だと土の状態よりも、よりはっきりと足跡が確認できます。より動物を身近に感じますね。

それでは18年1月23日に撮影した青梅丘陵ハイキングコースで撮影した写真です。どうぞ〜!

早朝6時50分朝焼けに照らされた青梅の街。人々が目覚める頃こんなにも美しい光景が待っていました。

青梅駅の裏。少し標高を上げるだけでこの景色です。これがいつものハイキング道ですからね。

青梅丘陵ハイキングコース。もう本当に最高です!

標高の高い山に行かなくてもこれほどのスノウハイキングが楽しめるなんて・・・。

この道を独り占め。なんだか申し訳ありません。



矢倉台(やぐらだい)標高350mの東屋の少し下に位置したベンチの近くから。ナイスビューです!スカイツリーも見えるポイントなんですよ!

そしてこれは矢倉台から見える景色です。もはや雪国ですよね笑。これ東京ですよ笑



雪の降った翌日は意外と気温が高く朝9時になると木々を覆っていた雪も溶け始めました。上からポタポタサラサラと落ちてくる雪が木々の間から射し込む光よって照らされ、とても美しい光景を魅せてくれました。

今日のような光景が見られるのは次はいつになるかわかりませんが、沢山の方にこの景色を、そして青梅が魅せる素晴らしい自然と街の表情を見て頂けたらなと思いました!



にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青梅情報へ にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

雪の影響による休店←更新あり

1月26日更新
雪による交通状況ですが
青梅、河辺に向かう「癒やしの裏道コース
奥多摩湖に向かう「奥多摩むかし道コース」、
日原鍾乳洞に向かう「日原鍾乳洞コース
の除雪はだいたい済んでおり路側帯に雪が残っている程度です。注意して走行して頂ければほぼ問題ありません。
ご利用を希望される方はweb予約から「自転車の空き状況」をご確認頂き、事前のご予約をお願い致します。
海沢渓谷に向かう「海沢渓谷コース」は除雪がされていないのでコース選択はお控えください。




こんにちはトレックリングです。
休店のお知らせになります。


1月22日の大雪の影響で自転車による走行が難しいためしばらく休店とさせていただきます。
奥多摩むかし道コース、日原鍾乳洞コース、海沢渓谷コース、青梅、河辺に向かうダウンヒルコースがありますが除雪が済んでいないコース、また除雪がある程度終わっても路側帯等に雪が寄せられているため自転車走行が困難な場合があります。合わせて凍結も心配です。
今後、雪解けとともに合わせてコースの調査等も行っていきますのでコースの状況経過と共に再開時期もお知らせいたします。

お客様にはご不便をおかけいたしますが何卒ご理解ご協力をお願い致します。

トレックリング


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青梅情報へ にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

2018年1月17日水曜日

2018年1月、海沢渓谷の滝も氷瀑!!!

こんにちは、トレックリングです。
毎年恒例?となった海沢渓谷の氷瀑確認トレッキングに行ってきました!
トレックリングではお馴染みの海沢渓谷ですが大小様々な滝があり自然に溢れた素晴らしい渓谷です。

そして海沢の三滝という3つの代表的な滝があります。三ツ釜の滝、ネジレノ滝、そして最奥部の大滝です。

夏は避暑地としてもおあつらえ向きの場所ですが冬の寒い時期にはなんと海沢の三滝が氷爆するんですよ!

特に最奥部の大滝はタイミングが合えばかなり立派な氷瀑になります。
そして2018年1月15日に氷瀑具合を確認してきましたので、その様子を御覧ください!

この日はお昼ごろから気温が上がるという予報だったので三ツ釜の滝、ネジレノ滝はサッとみてすぐに大滝を目指します。

3つ目の「大滝」が見えてきました!遠目からでもガッツリ氷瀑しているのが分かりますね笑、テンションあがります笑

いやちょっと予想以上でした。この場所でこれだけの氷瀑を見たのは初めてかもしれません。 正面から。立派な氷瀑です!ここだけ雪が降ったみたいですね。

近づいてみて三脚タイマー撮影!既に岩場が氷でツルツルと滑るので十分に気を付ける必要があります。

滝壺も天然のスケートリンクです!ですが薄い氷なので乗ってはダメですよ笑

滝近くの岩場を調べると氷柱(つらら)が。綺麗ですね〜。

自然環境が作り出すこの造形美。

氷の下には閉じ込められた植物が。いろいろな発見がありますね〜。

沢沿いを歩くだけでも、よ〜く観察すれば魅力的なスポットが見つかります。
見どころは滝だけじゃないですね〜。

思わず覗き込みたくなってしまいます。

氷の神殿、氷の回廊、氷のシャンデリア。オリジナリティーのある氷の造形がすぐ見つかります。面白いですね〜。

どうしてこういう凍り方をしたのか経過観察してみたいですね笑。

普通に歩いているだけで様々な氷の表情が楽しめます。

お店から登山口までの道中に凍結箇所は一箇所のみで、十分に注意して行けば問題はありませんでした。ただ雨や雪が降ると凍結したり雪で自転車走行は不可能になりますので全ては気象条件のタイミング次第ですね。

登山道は落ち葉により不明瞭と感じる場合がありました。冬の低山、特有のものですね。
また沢沿いは写真を見て頂ければ分かる通り一部氷の道があります。
ツルッと滑って水没しないように気をつけたいところですね。

1月15日時点でアイゼンなどは必要と感じませんでした。ただ大滝の氷瀑に近づける岩場部分は完全に氷のアイスバーン状態なので危険です。私はツルツルと滑ってしまい登れませんでした。

また氷瀑直下で撮影をしてた時に突然氷瀑の氷が決壊して、大きな氷の塊が上から落ちてきました。かなり怖かったですね。お昼頃になると気温も上がり氷が溶けやすいです。十分に気を付けたいものですね。

1月15日以降しばらく気温が上がります。3月下旬並みの陽気になるとか。これでは氷瀑も溶けてしますが1月22日以降はまた気温がぐっと下がりそうなので、以降は1月27日(土曜日)、1月28日(日曜日)辺りは再び氷瀑に期待ができそうです。

例年1月の下旬が一番氷瀑し易いので、まあ例年通りでしょうか。もう一度ぐらいは見ておきたいなあ。


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青梅情報へ にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村